*

ご挨拶

当スタジオは、業界トップクラスの技術と指導実績を持つ講師陣が国産米粉を100%使用したグルテンフリークッキングの魅力についてお伝えする料理教室です。
サラ・グルテンフリークッキング広尾では、“米で創造する新しい食文化”を発信。小麦粉や小麦グルテンを一切使用せず、ご家庭でも簡単に米粉のパンや麺、おやつを作ることができる、確かな技術をお伝えしております。
日本米粉クッキング協会代表理事、スタジオ主宰の大塚せつ子によるシンプルでナチュラルな米粉クッキングをぜひ一度ご体験ください。
和洋中どんなお料理にも変幻自在な魅力的な食材「米粉」で、グルテンフリークッキングを始めてみませんか。
menu1

大塚せつ子よりメッセージ

世界自然遺産白神山地から発見されたパン用の酵母「白神こだま酵母」と出会って、約15年になります。悠久の時を超えブナ林で生き続けてきた自然界の酵母が、米粉100%でもパンを作る秘めた力があると学んだ時に、この日本の宝物である田んぼからの恵み「お米」をもう一度食卓に乗せることができると確信しました。小麦には作ることのできない、米粉でおいしく作る数々のグルテンフリー料理を、もっと身近に感じていただきたいと、心から願っています。

食は感動!食欲は生命力!
おいしいと思えるからこそ、また食べたいと思う。だから健康になれる!
そしてそれが限りなく自然の恵みだけで作りたい!!

そんな想いで「新たな米の食文化」を皆様にお伝えしています。

主宰者プロフィール

otsuka
大塚 せつ子
サラ・グルテンフリークッキング広尾主宰/日本米粉クッキング協会・日本グルテンフリークッキング協会代表理事

  • 白神こだま酵母技術アドバイザー
  • 米粉製品新技術アドバイザー
  • 秋田県食品専門アドバイザー
  • サラパン教室主宰

家庭で焼いていたパンが口コミで広がり、1995年に国産小麦と天然酵母パンの店『サラ・ブレッドハウス』を開業。
1999年に白神こだま酵母と出会い、以来白神こだま酵母のパン作りの第一人者として、白神こだま酵母の製パン技術を全国に広める。添加物など一切使わずに、自然の恵みだけで焼く「引き算のパン作り」を確立する。各マスコミの取材により、白神こだま酵母の魅力に惹かれる多くの要望を受け、2002年渋谷に於いて白神こだま酵母パン教室を開講、2008年はノングルテンの米粉パンなど不可能を可能とした技術を開発し、新たな米の食文化を伝える「米粉専科」を開講し、全国に米粉の魅力を広く伝える。又、日本の食の自給率を上げるためにも、日本の田んぼを守り米食中心の食卓を取り戻すために「新たな米の食文化」を推進することが不可欠とし、2013年4月日本米粉クッキング協会・サラ・グルテンフリークッキング広尾(旧:サラ米粉クッキング広尾スタジオ)を設立し、その類まれな技術を広く伝える。NHK・TBS・読売新聞・朝日新聞などを始め広く取材を受ける。

大塚せつ子ブログ「白神の風」

主な著書

取材・メディア掲載履歴

2013年7月 東京新聞朝刊「おいしさを多くの人に」掲載
2013年5月 テレビ東京「さぁ、はじめましょ!」放送
2012年2月~ NHK5回にわたり大塚せつ子の米粉のレシピ放送
2011年12月 2011/12/14付読売新聞朝刊 大塚せつ子の米粉のクリスマスケーキ取材掲載
2010年8月 NHKワールド「グリーンジャパン」生物多様性白神こだま酵母と、サラ秋田白神のパンの紹介
2010年5月 日本テレビ news every 大塚 せつ子の米粉の麺作り放送

その他、朝日新聞、日本経済新聞、秋田魁(さきがけ)新報、田舎暮らしの本、サライ、季刊うかたま、WEDGEなど多数


公開日:
最終更新日:2016/06/06

  • 大塚せつ子グルテンフリーパン専科NEXT
    お名前(姓)
    メールアドレス(必須)
    Powered by メール配信システム オレンジメール
  • 誠に申し訳ございませんが、ただいま大塚せつ子は、農家支援事業やグルテンフリー焼き立てパン店舗の技術指導及びプロデュース、またシドニーでのグルテンフリー教室の開校準備などで多忙を極めておりますため、現在のところ本科コースの新規募集を行っておりません。また、本科受講のご希望者が多く、ただいまお申込をいただいている方に、開講が決まり次第に順次ご連絡をさせていただいております。そのため、誠に恐れ入りますが、HPでの一般募集を一時中断させていただいておりますこと予めご了承ください。なお、本科受講をご希望の方は、資料請求をいただきますようお願いいたします。